開運財布はブランドにもある!金運を下げてしまう3つの注意点とは?

ブランド財布の中にも金運を下げる財布がある

エルメスやルイ・ヴィトン・クロエなど値段は高いけどデザインや色・形など素敵な財布がいっぱいありますよね(^^♪
それにブランド好きには欠かせないアイテムです。

 

でも、お気に入りのブランドだからという理由だけで財布を選んでいると金運を上げるどころか、逆に下げてしまうことだってありますので、金運を上げたい人は要注意です。

 

たとえば、頑張って仕事をしているのにお金がなかなか入ってこなかったり、不思議といつも急な出費が増えたりと・・・・。
それは開運財布選びを失敗しているかも知れません。

 

そこで今回は、金運を下げてしまうブランド財布の3つの注意点をご紹介致します。

 

開運財布はブランドにもある!金運を下げてしまう3つの注意点とは?

金運を下げる3つの注意点

お気に入りのブランド財布から上手に開運財布を見つけましょう。そこで金運を下げてしまう3つの注意点をご紹介致します。

 

赤色の財布はNGカラー

赤色の財布を持つと赤字になるとかってよく言われますよね。まんざら噂だけではなく、浪費が多くなったり、お金の出入りが激しく一向にお金が貯まらないのがこの赤色なんです。Dr.コパさんも赤色の財布はNGカラーとおっしゃられています。中には赤色は良いという人もおられるようですが、少なくとも悪いという方もおられる色は避けるべきでしょう。

 

ブランド財布の中にも黒・茶・金色・黄色・白など様々な色の財布が売られています。金色は最強の運気を持った色で、黄色も幸せになれるパワーがあります。茶色もお金を育ててくれる色です。きっとお気に入りの色のブランド財布が見つかると思いますのでじっくり吟味して選んでみましょう。赤色以外でね(^^;

 

そこで色が持つ運気をご紹介致します。

運気
白色 幸せを包み込んで育てる意味があります。現在、財運や金運がある人は白の色でさらに育てることができます。また、浄化や基本に戻るパワーもあります。
黄色 金運はもちろん人生を豊かで実りのあるものにしてくれます。改革や変化の意味があり自分を変えたい人にもお勧めです。
金色 金運アップ、開運のパワーがある。幸せのために必要な運もお金も才能もこの1色のパワーで補うことができます。
茶色 母なる大地の色で金を育む意味があります。不動産運をアップさせたり独立や独り立ちを後押ししてくれるパワーがあります。
黒色 秘密を守ったり欠点を隠す意味があり風水では格が高く使い方が難しいとされている色です。ここ一番という時や格上げしたい時に使用すべき色です。
ピンク 恋愛運をアップさせてくれる色です。良縁や豊かな人間関係を育むパワーがあります。縁に恵まれて金運をアップさせたい方にお勧めです。
ベージュ 安定を意味する色です。他の色と調和をして陰陽のバランスを整えてくれます。家庭を安定させたり相手からよい回答を引き出す力があります。
シルバー 風水では月の光を意味します。仕事運、家庭運、不動産運、子宝にパワーを発揮します。
ラベンダー 厄落としのパワーがある色です。お財布に使うことでお金の厄落としができます。
赤色 日本では赤い財布は赤字になると言われていますが、Dr.コパさん曰く、赤は仕事運と健康運をアップさせてくれるそうです。くじ運やギャンブル運アップ、受験や仕事など、ここ一番という時に赤をどこかに身に着けておくと、運がアップすると言われています。ただしお財布のカラーとしては浪費や無駄使いが多くなります。そのためNGという方もおられます。
青色 青は水の色。過去を水に流すと言うように青には新し物を生み出す力や冷静な判断を取り戻すパワーがあります。ですので青を持つと無駄使いを抑えられますが入ってくるお金も少なくなってしまいます。そのためNGという方もおられます。
緑色 緑は健康運をアップしてくれる色です。風水では「健康な体は幸運の入れ物」と言われています。緑は枯れた運気を蘇らせたり仕事運や才能運を引き出してくれるパワーがあります。

 

ただし、財布の色としては赤色はNGカラーですが、赤色の持つパワーを活かして運をつかむことができます。それは、ここぞっという挑戦や勝ちたい時に運気を強めてくれる色が赤色なんです。

 

だから商談で、なんとか受注したいとか、宝くじに当選したい、勝負に勝ちたい時に身につけると運気を上げてくれます。

 

たとえば、プロゴルファーの石川遼選手なんか最終日のラウンドの時、赤色のパンツに赤色のシャツを着て勝負にいぞんでいますよね。

 

風水を意識している訳ではないと思うのですが、でも気合が入って勝負運がアップしているのではないでしょうか(^^♪
実際に優勝したこともあります。

 

石川遼選手が赤色の上下のウェアで優勝

 

 

二つ折りの財布はNG

二つ折りの財布はオススメできません。というのも二つ折りの財布は、お札が折り曲げられたりして窮屈になるからです。財布はお金の家で、窮屈な家では、リラックスしたり、くつろぐことができません。だから、お金もすぐに出て行きたがるんです。

 

また、二つ折りの財布はお尻のポケットに入れられる方が多いですが、このことがさらに金運を下げてしまいます。というのも、お尻にお金を敷いているからなんです。お金はこのような粗末な扱いをしている方のところには集まりません(^^;

 

どうしても二つ折りの財布を使いたい方は、胸の内ポケット入れるか、カバンやバッグの中に入れて持つ歩くようにしましょう。これでお尻に敷くことはありませんから(^^;

 

多くの社長さんを占ってきた占い師ゲッターズ飯田さんも社長さんのほとんどが長財布をもたれているとおっしゃられています。

 

占い師ゲッターズ飯田さん
※写真は占い師ゲッターズ飯田さんのAmebloからの引用です。

 

二つ折りの財布を使用されている方で浪費が多い方や、お金が貯まらない方は一度長財布に変えて見られてはいかがでしょうか。私は財布を変えてから出ていくお金が減ったこともあります。

 

 

馬革は避けるべき素材

NG素材としては馬革・ビニール・合成皮革があります。なぜNGかというと、これらは「火」の運気を持っているからなんです。お金と火の相性はとても悪いです(^^; 火はお金を燃やして溶かしてしまいますからね。でも基本はしっかりとした素材を選ぶのが大事なようです。なぜかというと、Dr.コパさんが販売している財布にも合成皮革製の財布があるからです。ですので、お金がヨレヨレにならない素材を選ぶのが大切なようです。

 

素材 運気
牛革 牛革は古代中国では豊かさの象徴とされてきました。風水的にも貯蓄運がアップするとされます。また、牛は「土」の気を持つため「お金を育む素材」と言われています。
馬革 馬は「火」の気を持ち、火はお金を溶かすということから火とお金はとても相性が悪いのでできれば避けたい素材です。
蛇革 蛇は脱皮を繰り返すことから無限の繁栄を意味しており金財運に良いとされています。また、白蛇は財運の神様 弁財天の化身とされることから蛇革が金運アップに良いとされています。風水でも蛇は金の気を持つことから金運をアップしてくれるとされています。
羊革 羊革はお金に縁が深い素材とされ、幸運をもたらし、人脈を築くエネルギーがあるとされています。また、羊は水の気を持ち水とお金が触れることでお金が増えるとも言われています。
豚革 蛇革同様、循環のエネルギーがあるので、お金の出入りが活性化します。人気運もあるので、自営業の人には向いている素材です。
ワニ革(クロコダイル) 大きな口と鋭い歯で一度くわえたら離さないことから大金を噛んで離さないことを意味しているようです。Dr.コパさんもワニやパイソンなどの爬虫類でできた財布は金運を上げると言われています。
オーストリッチ(ダチョウ) オーストリッチは鳥のダチョウで、鳥(酉)は西の方角になることから風水では金運がアップすると考えられています。
ビニール・合成皮革 ビニールや合成皮革は石油から作られることから風水では「火」の気に属します。火はお金を溶かしてしまうことから金運を下げるとされています。

 

風水では、キラキラ光るものに金運が集まってくると言われています。ですので、光沢があって輝きがある素材ならさらに、金運を呼び込んできてくれるので良いですよ(^^♪

 

2019年 イチオシの開運財布はこちら

 

 

page top